腰痛でお困りなら宗像市の整体院 セノビ

ブログ

2019/11/08(金)

【ダイエット】体重を減らす?増やす?インスリン

カテゴリー:ダイエット

 

ダイエットで体重を減らすために

知っておきたいインスリン。

インスリンって知ってますか?

 

 

宗像市腰痛専門整体院 セノビ

の山本慎也です!

本日もブログを御覧いただき

ありがとうございます(^^)

 

体重コントロールに関わるインスリン

 

 

前回のブログでインスリンが体重の

増減に関わるということをお伝え

しました。

 

ではまずインスリンの1つ目の機能

を解説します。

 

筋肉へエネルギーを取り込む

 

 

このインスリンですが

筋肉に作用します。

筋肉が動くためにはエネルギーが

必要です。

 

このエネルギーが『グルコース』と

いう物質です(ブドウ糖)。

 

車で例えると

 

グルコース=ガソリン

 

 

です。

 

このグルコースを取り入れることで

筋肉は活動します。

 

しかしこのグルコース。

 

単体では筋肉に吸収されません。

 

受容体(扉のようなもの)という

ものがグルコースを受け入れて

くれないと吸収されないのです。

 

 

そこでこの扉を開ける役割をするのが

インスリン(鍵)です。

 

 

インスリンが受容体を開けてくれる

ことでグルコースが筋肉に取り込まれます。

 

 

エネルギーを貯蔵する

 

 

インスリンのもう1つの役割は

あまったグルコース(ガソリン)を

貯蔵にまわすことです。

 

グルコースはグリコーゲンに変換され

肝臓に貯められます。

肝臓に貯めきれなかったものは

みんなが憎む『脂肪』に変換されます。

 

これを簡単に説明すると

 

あまったガソリンは一旦、財布(肝臓)

に入れられます。

 

 

財布に収まりきれなかったガソリンは

銀行に預けられます。

 

 

このように人間のエネルギーである

グルコース(ガソリン)は2段階で

貯められます。

 

そしていざという時にまた非常燃料

として使われます。

 

このようにインスリンはエネルギーの

消費と貯蔵に関わります。

 

ダイエットに関わってくるのはこの

『貯蔵』の機能です。

 

この機能がダイエットの重要なポイント

になってきます。

 

 

まとめ

 

・インスリンは生命維持に欠かせないホルモン

・筋肉のエネルギーを取り込む補佐役

・あまったエネルギーを貯蔵に回す役

・貯蔵機能がダイエットに大きく関わってくる

 

ようやくキーポイントとなるインスリン

までやってきました。

そのためにもまずしっかりインスリンの

機能のことを理解しておいてくださいね!

 

 

 

毎日少しずつですが、痛みに関する情報を

 

ご紹介させて頂いています!

 

LINEでもブログに載せていない痛み情報を

 

ご紹介させて頂いています!

 

LINE友達追加特典として

 

【腰痛改善のための5ステップ】動画

STEP1 腰痛を放っておくとどうなる?

STEP2 整形外科では何を診ているのか?

STEP3 レントゲン・CT・MRIの見方

STEP4 腰を検査したのになぜ原因がわからない?

STEP5 良い治療院を選ぶ3つのポイント

 

をプレゼントします!

 

1時間以上の内容となっています!

 

非公開の動画となっていますので

 

是非、ご覧になってあなたの腰痛改善に

 

お役立て下さい(^ ^)

友だち追加

 

 

 

下記質問フォームでもご疑問・お悩みを

 

受け付けていますので、何かご不明な

 

点などありましたら、ご記入下さい!

 

 

またそれを題材にしたブログ等で

 

お答えしたいと思います。

またメールアドレスをご入力して頂いた

 

方には直接返答させて頂きます(^ ^)

 

 

 

 

通常初回施術費9,000円のところ

初回限定特別価格3,000円

7月31日(土)まで6名様限定割引 → 残り5名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-8581-8686

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。