腰痛でお困りなら宗像市の整体院 セノビ

ブログ

2019/11/06(水)

足がジンジン痛む方。それ脊柱管狭窄症かも?

カテゴリー:脊柱管狭窄症, 腰痛

 

最近感じること・・・

一般の方は足がジンジン痺れ、痛んでも

それが脊柱管狭窄症だと気づいていない

ことが多いです(^_^;)

 

 

宗像市腰痛専門整体院 セノビ

の山本慎也です!

本日もブログを御覧いただき

ありがとうございます(^^)

 

 

 

歩くと足がジンジン痺れる

 

 

当院へ来院される方で

『歩くと足がジンジンするんですよ』

と訴える方がいらっしゃいます。

 

『脊柱管狭窄症なんですね』

と伝えると

『それなに?』

と不思議な顔をされることがあります。

 

医療界では歩いて足がジンジンする

ということは脊柱管狭窄症を疑うと

常識的に気づくのですが、一般の方

には馴染みがない病名のようです。

 

そこで今回は脊柱管狭窄症の基礎から

ご説明していきます。

 

 

 

脊柱管狭窄症とは?

 

 

脊柱管狭窄症・・

 

名前だけ見ると凄まじい病気のように

見えますが大した病名ではありません。

 

名の通り『脊柱管が狭窄(狭く)してますよ』

という病気です。

 

では脊柱管とはなんでしょうか?

 

脊柱管

 

 

上の写真が『椎体』という骨です。

背骨から1つ骨を取り出すとこんな

形をしています。

 

 

一枚目の写真で赤丸で囲っている

部分を『脊柱管』と呼びます。

 

ここは管なので神経や脳脊髄液が

通ってます。

 

この脊柱管が狭くなる病気のことを

脊柱管狭窄症といいます。

 

ではなぜこの脊柱管が狭くなる

のでしょうか?

 

なぜ脊柱管が狭くなるのか?

 

狭くなる1つの要因としては

脊柱管の中を通る黄色靭帯という組織が

厚くなって神経を圧迫することがあります。

 

これは病的な問題なので手術でしか

解決できません。

 

このように脊柱管内にある組織が厚く

なることが1つ目の要因です。

 

 

2つ目の要因は脊椎の並び方です。

 

脊椎(背骨)は積み木のように

連なってできています。

 

これが正しく並んでいるとビーズの

穴を通る糸のように神経も圧迫を

受けることはありません。

 

 

しかし猫背などの姿勢不良で背骨の

並びが崩れてくると脊柱管が狭まる

場所ができてきます。

 

 

この姿勢不良でおきる狭窄が主な

脊柱管狭窄症の原因となります。

 

このように脊柱管内や脊椎の並びの

異常で神経の圧迫がMRIで確認されると

脊柱管狭窄症と診断されます。

 

 

脊柱管狭窄症の症状

 

脊柱管狭窄症といえばやはり

 

間欠性跛行です。

 

間欠性跛行

 

また長い漢字です(^_^;)

 

これは冒頭でお伝えした症状を指します。

 

歩いているとだんだん足が痛く、痺れて

くる症状です。

 

しかしこの症状は容易に緩和します。

そしてそれを皆さん体験を通して見つけ

出しています。

 

この症状は座ると症状が改善するという

特徴があります。

前かがみでも症状が軽くなる人もいます。

 

そのほかに買い物カートを押して歩くと

長い距離を歩くことができるという

特徴もあります。

 

 

別に買い物カートでなくてもよいのですが

前かがみで歩くと痺れが出にくいという

特徴があります。

 

膀胱直腸障害

 

またまた長い漢字です。

 

膀胱=おしっこ

直腸=大便

を指します。

 

要はおしっこと大便のコントロールが

できなくなる症状です。

 

だから股がじわっと暖かくなる感覚

でおしっこを漏らしていることに

気づくなどの症状が見られます。

 

この症状が出ている方は重症で

足の感覚麻痺・運動麻痺も併発している

ケースが多く見られます。

 

このような症状まで進行すると治療は

非常に難しい状況となります。

 

 

脊柱管狭窄症になりやすい姿勢

 

最後に脊柱管狭窄症になりやすい方の

特徴的な姿勢についてお話します。

 

その特徴は

 

『反り腰』です。

 

腰を反ったような姿勢ですね。

 

お尻が後ろに突き出すように立つ方

が多いです。

 

また仰向けに寝た状態で腰の下に腕が

スッと入るくらい隙間ができている人

も反り腰と言えます。

 

このように姿勢をチェックすることも

脊柱管狭窄症の治療・予防に必要と

なってきます。

 

 

まとめ

・足がジンジンする等の症状が脊柱管狭窄症だと知らない人がいる

・どのような病気なのか知っておくことが大事

・姿勢不良によって脊柱管の並びが悪くなることが主な原因

・間欠性破行▶︎だんだん歩けなくなる症状。座ると回復。

・膀胱直腸障害▶︎尿意・便意を感じなくなる症状。重症。

・反り腰の人がなりやすい

 

今回は脊柱管狭窄症の基礎について

お伝えしました。

 

次回は脊柱管狭窄症だとわかったけど

どうしたらいいの?という疑問に

お答えします。

 

それまでしっかり今日の内容を復習

しておいてくださいね(^^)

 

 

 

 

毎日少しずつですが、痛みに関する情報を

ご紹介させて頂いています!

 

LINEでもブログに載せていない痛み情報を

ご紹介させて頂いています!

 

LINE友達追加特典として

 

【腰痛改善のための5ステップ】動画

STEP1 腰痛を放っておくとどうなる?

STEP2 整形外科では何を診ているのか?

STEP3 レントゲン・CT・MRIの見方

STEP4 腰を検査したのになぜ原因がわからない?

STEP5 良い治療院を選ぶ3つのポイント

 

をプレゼントします!

 

1時間以上の内容となっています!

 

非公開の動画となっていますので

是非、ご覧になってあなたの腰痛改善に

お役立て下さい(^ ^)

友だち追加

 

 

 

 

下記質問フォームでもご疑問・お悩みを

受け付けていますので、何かご不明な

点などありましたら、ご記入下さい!

 

 

またそれを題材にしたブログ等で

お答えしたいと思います。

 

またメールアドレスをご入力して頂いた

方には直接返答させて頂きます(^ ^)

 

 

 

 

通常初回施術費9,000円のところ

初回限定特別価格3,000円

7月31日(土)まで6名様限定割引 → 残り5名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-8581-8686

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。