腰痛でお困りなら宗像市の整体院 セノビ

ブログ

2020/05/21(木)

腰痛でエレキバンを貼るツボを探す前に…

カテゴリー:ツボ, 腰椎椎間板ヘルニア, 腰痛

 

腰痛で悩みエレキバンをどこに貼ろうかと

ツボを探しているあなたへ!

貼る前に腰痛のことを理解するとさらに

効果的ですよ!

 

↓椎間板ヘルニアの動画ですが腰痛にも

共通する内容となってますのでご参考にして

いただけたらと思います。

 

 

 

 

腰の運命

 

 

なぜ腰が痛くなるのか?

誰もが1度は疑問に思うことでは

ないでしょうか?

 

『重いものを持ったからねぇ』

『あの時腰をひねったから・・・』

 

などなど色々と心当たりがあるのでは

ないでしょうか?

 

ではなぜ体の中で腰ばかりが痛い目に

あわないといけないのでしょうか?

その理由は腰の『位置』がポイントに

なってきます。

腰は体の中のどこに位置するでしょうか?

 

 

写真にあるように腰は背骨の中では

1番下に位置します。

すなわち、上半身の重みが集中する場所に

あるということです。

そのためよくある、椎間板ヘルニアはほぼ

腰椎(腰の骨)で発生します。

このような位置にあるので1番ストレスを受ける

運命なのです。

 

過労を強いられる腰痛パターン

 

 

腰痛には2パターンあるのですが

まずは皆さんがイメージしやすい

『負担がかかり過ぎた』腰痛について

解説します。

 

これを理解するために人が物を拾う

シーンをイメージしてください。

 

 

このように手を床に伸ばす時どこの

関節が動いているでしょうか?

腰だけ動いてますか?

 

違いますよね?

このように人が体をかがめる時は

腰だけではなく股関節、背中、首

など様々な関節がそれぞれ少しずつ動く

ことで『かがむ』という動作が成り立ちます。

 

首+背中+腰+股関節=かがむ

 

という考え方です。

 

しかし現代社会においては生産性を上げる

ために多くの仕事において単純作業を

繰り返す動作が多くなっています。

そのような動作の偏りから人の体は

1箇所が異常に硬くなる傾向にあります。

最近はデスクワークも多いため腕や首が

硬くなる人が急増しています。

その結果、首や背中が固まり動かなくなります。

 

すると先ほどの式に狂いが生じます。

首と背中の動きがマイナスになるのでその分を

腰と股関節が負担することになります。

 

背中股関節=かがむ

 

というイメージです。

 

そこで被害を受けやすいのが『腰』です。

腰は全身の動きの調整役でもあるため負担が

かかりやすいとも言われています。

 

このように腰以外の関節が動かなくなると

腰に負担をかけ、痛みを引き起こすことが

あります。

 

姿勢保持が原因の腰痛パターン

 

 

これもよくある腰痛の原因です。

これはデスクワークをしている方に多い

腰痛です。

 

デスクワークをされる方は1日中、椅子に座り

パソコンを操作します。

指以外はほとんど動かさない状態です。

さらにデスクワークをする人で多いのが

『猫背』です。

 

猫背になると背骨を支えるために背筋へ

常に強い負荷がかかり続けます。

これが椎間板や背筋の負担となり、腰痛

へと発展していきます。

不良姿勢を続けることがこの腰痛の原因

となります。

 

姿勢を意識することもそうですが、良い

姿勢が保ちやすくなるような全身の柔軟性

を維持しておくことも重要なのです。

 

腰痛治療に使うツボ

 

 

では、腰痛のメカニズムがわかったところで

本題の『ツボ』のお話です。

 

腰椎椎間板ヘルニアは骨盤が後傾することで

発症するケースが多くみられます。

 

 

この骨盤が傾く原因に股関節の内転筋の

拘縮(硬くなる)が関与してきます。

 

 

内転筋は骨盤に付いているため股関節の

動きも妨げます。

今回は骨盤を後傾させ、股関節の動きを

制限させることで、腰痛を引き起こす

『内転筋』を緩めるツボをご紹介します。

 

まず1つ目は『三陰交』です。

 

内くるぶしから指3〜4本ほど上の

スネ骨の内側に位置します。

そこには後脛骨筋という筋肉があります。

押してみるとコリコリしています。

この三陰交を1分ほどマッサージして下さい。

 

2つ目は『血海』です。

このツボは内側の膝から2〜3本ほど上の

ところにあります。

ここもコリっとしていて凝っている方が

多いツボです。

ここも1分ほどマッサージしましょう。

 

マッサージをした後は内ももの柔らかさを

確認してください。

内ももが柔らかくなり、骨盤の可動性が出て

くると腰の重だるさが改善することがあります。

腰痛の原因が内ももの硬さからくるもので

あれば痛みも軽くなります。

 

簡単にできるマッサージなので是非試して

みてください!

 

まとめ

 

・エレキバンを貼る前に腰痛を理解すると

効果的

・腰は上半身を支えるため負担がかかる

・他の関節がさぼると腰に負担がかかる

・同じ姿勢が続くと腰痛になる

・内転筋が硬くなると骨盤が動かなくなる

・内転筋が緩むことで腰が軽くなる

 

 

毎日少しずつですが、痛みに関する情報を

ご紹介させて頂いています!

LINEでもブログに載せていない痛み情報を

ご紹介させて頂いています!

 

LINE友達追加特典として

【腰痛改善のための5ステップ】動画

STEP1 腰痛を放っておくとどうなる?

STEP2 整形外科では何を診ているのか?

STEP3 レントゲン・CT・MRIの見方

STEP4 腰を検査したのになぜ原因がわからない?

STEP5 良い治療院を選ぶ3つのポイント

をプレゼントします!

 

1時間以上の内容となっています!

 

非公開の動画となっていますので

是非、ご覧になってあなたの腰痛改善に

お役立て下さい(^ ^)

友だち追加

 

 

 

下記質問フォームでもご疑問・お悩みを

受け付けていますので、何かご不明な

点などありましたら、ご記入下さい!

 

またそれを題材にしたブログ等で

お答えしたいと思います。

またメールアドレスをご入力して頂いた

方には直接返答させて頂きます(^ ^)

 

 

 

 

通常初回施術費9,000円のところ

初回限定特別価格3,000円

4月30日(金)まで6名様限定割引 → 残り4名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-8581-8686

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。