腰痛でお困りなら宗像市の整体院 セノビ

ブログ

2019/10/18(金)

あなたの腰痛の原因はヘルニア?

カテゴリー:腰椎椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアとは?

 

あなたも椎間板ヘルニアのつらい腰痛で悩まれて

 

いるでしょうか?

 

今回はヘルニアについて詳しくお話しして

 

いきたいと思います。

宗像市腰痛専門整体院 セノビ

 

の山本慎也です!

 

本日もブログを御覧いただき

 

ありがとうございます(^^)

 

 

 

ヘルニアの腰痛の話をする前に・・・

 

 

 

背骨の間には椎間板というクッション材が

 

あります。

 

これが潰れて、中にある髄核という

 

物質が飛び出てることをヘルニア

 

言います。

 

そしてそのヘルニアが近くを通っている神経

 

を刺激して痛みが出ていると

 

『あなたは腰椎椎間板ヘルニアですね』と

 

診断されます。

 

このヘルニアについてはある研究があります。

 

この研究では、腰痛症状がない成人を無作為に

 

選出し、腰のMRI画像を撮りました。

 

するとその内、76%の人に椎間板ヘルニア

 

が見つかったという研究があります。

 

この研究で、たとえMRI画像上、椎間板ヘルニア

 

が見つかったとしても、必ず腰痛が発生する

 

わけではないということがわかります。

 

腰椎椎間板ヘルニア=腰痛

 

ではないということです。

 

In an age-, sex-, and risk factor-matched group of asymptomatic individuals, disc herniation had a substantially higher prevalence (76%) than previously reported in an unmatched group. Individuals with minor disc herniations (i.e., protrusion, contained discs) are at a very high risk that their magnetic resonance images are not a causal explanation of pain because a high rate of asymptomatic subjects (63%) had comparable morphologic findings. The only highly significant difference between the study group and control group regarding morphologic fi

無症候性の個人の年齢、性別、および危険因子が一致したグループでは、椎間板ヘルニアの有病率が以前に非一致のグループで報告されたものよりもかなり高かった(76%)。 軽度の椎間板ヘルニア(すなわち、突出、内包された椎間板)のある人は、無症候性の被験者の割合が高い(63%)ため、形態学的所見が高いため、磁気共鳴画像が痛みの原因説明ではないという非常に高いリスクがあります

引用:Boos, N., et al : The diagnostic accuracy of magnetic resonance imaging, work perception, and psychosocial factors in identifying symptomatic disc herniations. Spine, 20 : 2613-2625, 1995.

 

しかし、椎間板ヘルニアでは腰痛にならない

 

のかというと、勿論そうではありません。

 

椎間板ヘルニアがMRIで見つかり、腰痛が

 

発生している方は全体の24%いました。

 

 

椎間板ヘルニアの症状

 

 

このように椎間板で神経が圧迫されると

 

腰痛、足の痺れ、感覚麻痺、運動麻痺と

 

その圧迫の度合いに合わせて症状が重度化

 

していきます。

 

実際に椎間板ヘルニアの人を見ると

 

本当に堪え難い苦痛があるケースが多いです。

 

このような方々は早急に痛みから

 

解放されたい状態にあるため即効性のある

 

治療が求められます。

 

これらの治療には神経ブロック注射や

 

内視鏡手術での髄核摘出(椎間板)が

 

有効な治療法になると思います、

 

これらの治療は何と言っても『即効性』が

 

特徴です。

 

このように堪え難い痛みを早く取り除くには

 

手術やブロック注射が有効的です。

 

 

 

では痛みが取れた後はどうしたら良い

 

でしょうか?

 

そもそもこのヘルニア。

 

なぜ飛び出したんでしょうか?

 

歳を取ったから?

 

腰に負担をかけたから?

 

この『なぜ』を解決しておかなければ

 

ヘルニアは再発します。

 

だからヘルニアに関しては痛みが取れた

 

からと言ってそのままにしておくと

 

また痛い目に遭うことになるのです。

 

 

まとめ

  • 健常人を対象にMRIを撮ると76%の人にヘルニアが見つかった。
  • ヘルニア=腰痛ではない
  • ヘルニアは足の痺れ、腰痛、感覚・運動麻痺を引き起こす
  • 激しい症状(急性期)には手術・ブロック注射が有効

今回は少しモヤモヤしたところで終わります。

 

次回、なぜヘルニアになるのか?

 

ヘルニアを治すにはどうしたらいいのか?

 

の疑問にお答えします!

毎日少しずつですが、痛みに関する情報を

 

ご紹介させて頂いています!

 

LINEでもブログに載せていない痛み情報を

 

ご紹介させて頂いています!

 

LINE友達追加特典として

 

【腰痛改善のための5ステップ】動画

STEP1 腰痛を放っておくとどうなる?

STEP2 整形外科では何を診ているのか?

STEP3 レントゲン・CT・MRIの見方

STEP4 腰を検査したのになぜ原因がわからない?

STEP5 良い治療院を選ぶ3つのポイント

 

をプレゼントします!

 

1時間以上の内容となっています!

 

非公開の動画となっていますので

 

是非、ご覧になってあなたの腰痛改善に

 

お役立て下さい(^ ^)

友だち追加

 

 

 

下記質問フォームでもご疑問・お悩みを

 

受け付けていますので、何かご不明な

 

点などありましたら、ご記入下さい!

 

 

またそれを題材にしたブログ等で

 

お答えしたいと思います。

 

またメールアドレスをご入力して頂いた

 

方には直接返答させて頂きます(^ ^)

 

 

 

 

通常初回施術費9,000円のところ

初回限定特別価格3,000円

4月30日(土)まで6名様限定割引 → 残り7名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-8581-8686

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。